Engineer-in-Austria

オーストリア人女性と国際結婚をしてオーストリアに移住してしまったエンジニアのブログ。

Herzlich Willkommen!

Engineer in Austriaへようこそ!
オーストリアで働くエンジニアの僕が効果的な海外の使い方を考えるブログです。

 

カテゴリー別に記事を読みたい方は、したのリンク集から
最近の記事を読みたい方は「最新記事」のリンクからどうぞ
時系列で見てみたい方はここをぽちっとな:記事一覧

 

ビジネススキル

The Art of Global Business Skill
海外で働いていく上で必要なスキル。でも日本で働くにも必要なスキルなのかも
英語メールは最初の1文で決める!
英語のメール 単語選び
英語メール 代名詞の頻度は少なめに。

 

欧州処世術

欧州事情は複雑怪奇―――
自分の周りで起こった複雑怪奇な事象を分析し、海外での処世術を画策する
正攻法の「ビジネススキル」に対して、ここはいわば裏ワザ
コネ力主義

 

海外就職・海外転職

実録!ヨーロッパ企業への転職活動
日本の大学院を卒業後、外資系自動車部品サプライヤで3年働き、その後ヨーロッパの企業に転職&現地採用されるまでの転職活動の記録
人生の、微分積分いい気分2:学部4年の新卒オファー
新卒海外就職
お金が貯まらない海外移住ライフ
生産性とクオリティ
グローバル人材

 

国際結婚・海外子育て

オレオレ!オレだよ、オレ!
オーストリア人とデキ婚して海外転職&移住までしちゃったオレだよ!
人生の、微分積分いい気分:国際デキ婚
国際結婚男子よ、マスオたれ!
海外子育て、俺たちの戦いはこれからだ!
両親強制移住計画(仮称)
海外移住で有利に資産を築くには?

 

日々の生活日記

愛すべきポンコツヨーロッパ
ヨーロッパにいて感じること、思うことなどなど・・・まぁほぼ愚痴
アムステルダムで感じたオランダ - オランダ人気質?
アムステルダムで感じたオランダ - オランダ人とは?
アムステルダムで感じたオランダ - らしさがあるオランダ
イタリア旅行 - 僕と14人のオーストリア人

 

英語メール 代名詞の頻度は少なめに。

代名詞というのはitとかのことです。

僕の勝手な印象ですが、日本人が書く分かりにくい英語のメールはitが多く使われています。 あまりに多すぎて途中からそのitは何を意味しているのか分からなくなり、意味が伝わらなくなるという具合です。

 

あと僕はぶっちゃけ代名詞を正しく使えているか、自信がありません(笑) そのため、あまりitを使わずできるだけ具体的に書くようにしています。

続きを読む

英語のメール 単語選び

使う英単語は、誰でも簡単にわかる単語を正しく使いましょう。

 

僕が相手に何か資料を見てもらいたいときに、look, review, confirmの3種類を使い分けています。
Lookは、さくっとみる、reviewは注意を払ってよく見る、confirmは責任を持ってreviewする感じ。
基本的にそれ以外の単語は使いません。なぜなら、この3つであれば、誰でも正しく意図が通じるからです。

続きを読む

英語メールは最初の1文で決める!

メールは、最初の一文で何をして欲しいのかを明確に書くこと。

これさえ守っておけば、外国人とのメールのやり取りでのトラブルは避けられるのではないかと思います。

僕はいつもこんな感じで書いてます。

続きを読む

イタリア旅行 - 僕と14人のオーストリア人

『えげつねェなぁ………』

そう直感した人はかなりオーストリア人と接したことがある人でしょう。
1週間、イタリア旅行に奥さんの一族と総勢15人(僕を含む)で行ってきました。そこで露呈する、オーストリア人のポンコツ具合をお届けします。

「オーストリア人とは、ドイツ人とイタリア人を足して2で割ったものと見つけたり」

これは僕がオーストリア人を形容するときによく使う頻出フレーズです。
ドイツ人ほどきっちりはしていないけど、イタリア人ほど適当ではない、その間の感じだと。
ちなみにオーストリア人をほめる時には、そのあとに、
「いやぁ、本当にオーストリア人はいい人たちだよ、ドイツ人よりも融通がきくし、でもイタリア人よりもしっかりしてるしね。」
とヨイショしておきましょう。
さらに上級者を目指したい方は、目の上のたんこぶであるドイツ人をもうちょっとディスるとさらにいいかもしれません。

が、しかし、14人ものオーストリア人がそろうと、もうどうしようもなくポンコツになるのです。

続きを読む

海外移住で有利に資産を築くには?

世界のみんなー、貧乏ですかー?

はい、うちは、貧乏です!

 

でもせっかく海外にいるのだから、そのメリットを利用して、ちょっとお金儲けできないかと思うわけです。

そこで僕は家を購入してローンを背負うことにしました。将来、不動産投資になるかもしれないと判断したためです。

 

今回は、何を考えてこの結論に至ったのか(自分が忘れないよーに)書き残しておきたいと思います。

 

続きを読む